Linux Daily Topics

2012年2月9日 Btrfsは鉄板,女性プロジェクトリーダー誕生 ─Fedora 17をめぐるあれこれ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2月末にはアルファ版のリリースも予定されているFedoraの次バージョン"Beefy Miracle"ことFedora 17だが,当コラムでも何回かお伝えしてきたとおり,メジャーディストロとしては初めてデフォルトファイルシステムにBtrfsを採用することを明らかにし,話題となった。

実はBtrfsについては,現バージョンのFedora 16でデフォルト採用となるはずだったが,当時はユーティリティツールが不足しているなどの理由により,見送りになったという経緯がある。そのため,Fedora 17においても同様のことが起こるのでは,と危惧している向きも少なくない。

だが,現時点ではその心配は杞憂だと言えそうだ。2月6日(現地時間)に行われたFedoraの開発トップメンバーによるミーティング(FESCo)において,⁠Fedora 17のデフォルトファイルシステムはBtrfsであり,アルファ版までに目処をつける。Fedora 18に先送りしない」ということがあらためて確認されている。

FESCoではそのほかにも,

  • すべてのバイナリファイルを/usr下に
  • iBusプラットフォーム用の入力メソッド「English-Typing-Booster」
  • デフォルトファイアウォールにFirewall-d
  • ネットワークの信頼度に応じて接続を分類する「Network Zone」

などがFedora 17の新機能としてあらためて支持されている。

また,FedoraのスポンサーであるRed HatはFedoraの新プロジェクトリーダーとしてRed Hat所属のRobyn Bergeron氏を2月7日に任命した。Fedoraでは初,オープンソースプロジェクト全体を見てもまだめずらしい女性プロジェクトリーダーの誕生である。今後,Fedora 17の開発はBergeron氏の下で行われることになる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入