Linux Daily Topics

2012年2月22日 AndroidとUbuntuのナイスなコラボレーション! Ubuntu for AndroidがMWCに登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Canonicalは2月21日(英国時間)⁠Android端末とUbuntu搭載PCを同期させる「Ubuntu for Android」を発表した。2/27からスペイン/バルセロナで開催されるMobile World Congressでデモンストレーションを行う予定だ。

Ubuntu for Android at MWC - world⁠s first full-featured desktop on a docked smartphone

Ubuntu for AndroidはAndroidアプリケーションではなく,Android搭載のスマートフォン上でUbuntuをバックグラウンドで動作させるもの。ユーザは通常のスマートフォンとして利用しているときにはUbuntuの存在を意識することはない。UbuntuデスクトップまたはノートブックにUbuntu for Android搭載のスマホをドッキングすると,すべてのデータ/アプリケーションを両端末で同期できるしくみとなっている。クラウドシステムのUbuntu Oneとの同期も可能だとしている。AndroidもLinuxベースであるため,統合にはそれほど労力がかからなかったようだ。

画像

Ubuntu for Androidを動作させるには,最小構成でデュアルコア/1GHz CPU,512MB RAM,HDMIおよびUSBをサポートするAndroid端末が必要。

これまでありそうでなかったスマホとPCの完全同期ソリューション。CanonicalはこれをOSSで公開していく姿勢を見せているが,メインターゲットはエンタープライズ市場だとしている。ビジネスLinuxの市場ではRed Hatに大きく遅れを取っているだけに,Ubuntu for Androidでモバイル方面から巻き返したいところ。MWCでのデモに期待したい。

Ubuntu for Android
URL:http://www.ubuntu.com/devices/android

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入