Linux Daily Topics

2012年4月11日 Linux 3.4で大幅パワーアップ予定のBtrfs,どこが変わる?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

4月に入ってから開発が本格化している次期Linuxカーネル3.4。4月1日に最初のリリース候補版であるrc1が公開されたのを皮切りに,8日はrc2も公開,今後も週に1度のペースで進んでいきそうな感じではある。

Linux 3.4で予定されている機能強化としては

  • 数多くのオープンソースのグラフィックDRMドライバの変更
  • Intel Sandy Bridgeのパフォーマンス改善
  • Btrfsの改善
  • 電源管理システムの改善
  • 新しいHSI(High-Speed Serial Interface)
  • DMA-BUFサポート
  • 新しいDMAマッピングコード

などが挙げられる。このうち,もっとも注目度が高いのが,今後のLinuxファイルシステムの主流になると見られているBtrfsの改善だ。このBtrfsでの強化ポイントについて,リードデベロッパでBtrfs生みの親でもあるChris Mason氏が,4月3日~5日に渡ってサンフランシスコで開催された「Linux Foundation Collaboration Summit」にて語ってくれたので,簡単に紹介したい。

  • すべてのデータ/メタデータはコピーオンライト(copy-on-write)で書き換え
  • システムロールバックのような書き込み可能なスナップショットを提供
  • マルチデバイスのサポート
  • さまざまなRAIDレベルのビルトインサポート
  • オンラインリサイズとデフラグのサポート
  • ZlibやLZOを使った透過的圧縮
  • TRIM機能を含めたSSDサポート

なお,Mason氏はOracleに所属する開発者だが,同氏いわく「BtrfsはOracleだけがコミットしているプロジェクトではない。SUSEやIntel,その他のベンダやデベロッパも開発に大きく貢献している」とのこと。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

  • 2012年4月11日 Linux 3.4で大幅パワーアップ予定のBtrfs,どこが変わる?

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入