Linux Daily Topics

2012年5月3日 MeeGoをしのぐ存在になれるか!? Intelがモバイルプラットフォーム「Tizen」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先日,ムーディーズの格付けで「ジャンク債クラス」と酷評されたかつての携帯電話の覇者Nokia。経営が下降線を辿っているのにオープンソースの面倒なんか見られませんよとばかりに,せっせと開発してきたモバイルプラットフォーム「MeeGo」を見限ったのは昨年9月の話である。

だが,一緒にMeeGoを開発してきたIntelと開発をホストしてきたThe Linux Foundationはそれなりの投資をMeeGoにしてきたわけで,ここであっさりモバイルLinux開発から手を引くわけにはいかない。資金不足のNokiaをこれ以上巻き込んでもラチが明かないと判断したのか,お金のありそうなSamsungに声をかけて始めたモバイルLinuxプロジェクトが「Tizen」だ。コードネーム「Larkspur」のもと,開発が進められてきたTizenだが,4月30日,晴れてバージョン1.0となり,ソースコードとSDKが公開されている。

Tizen
URL:https://www.tizen.org/

数多くの新機能がフィーチャーされているが,やはり注目はHTML5サポートの強化だろう。ほかにもJavaScriptベースのリアルタイムコミュニケーションを実現するWebRTCの取り込みや,端末搭載のローカルカメラにアクセスするgetUserMedia() API,バイブレーション関連のアプリを開発するAPIなども含まれている。位置情報についても非構造化クエリを扱えるようにしたり,複数の経路(徒歩,車,公共交通機関)モードをサポートすしている。また,Wi-Fi Direct関連の機能も端末どうしのP2P通信を可能にするなど強化が図られている。

Tizenはソースコードは提供されているがバイナリは含まれていない。SDKはUbuntuとWindows用が用意されており,Mac OS Xについては現在開発中となっている。

著者プロフィール

階戸明(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入