Linux Daily Topics

2012年10月9日 ARMサポートにext4…次のLinuxカーネルは改善点がいっぱい

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先日,無事にリリースされたLinux 3.6だが,夏休みバージョンということもあり,大きな変更点は見られなかったが,そのかわり,次のリリースとなるLinux 3.7はいくつかのアグレッシブな変更が予定されている。

  • 64ビットARMを含む複数バージョンのARMプロセッサのサポート
    … Calxeda,Verasatile Express,Marvell,Altera,Picohipの5つのARMプロセッサを1つに統合してサポート
  • SPARC Tシリーズのサポート
    … 8コアのOracle SPARC-T4をサポート
  • ext4のアップデート
    … オンラインリサイズ機能の改善で16テラバイト以上のでもリサイズ可能に
  • バランスWiiボード
    … 入力デバイスとしてバランスWiiボードの利用が可能に
  • グラフィックドライバ
    … NouveauなどOSS系のグラフィックドライバの大幅な改善

注目はやはりARMサポートの拡充だ。昨年,英国からベアボーンLinuxキットの「Raspberry Pi」がリリースされ,現在も品薄状態が続いており,低消費電力と低コストなモバイルLinuxを実現するARMの新たな可能性として大きく注目された。一方でカーネルの肥大化をきらうLinusは,仕様がベンダごとにばらばらで,バージョンアップのたびに7万行とも言われるコードの追加を迫るARMプロセッサのサポートに"a fucking pain in the ass(めちゃくちゃイラッとする)"と不満をあらわにすることもしばしば。

そこで今回,なるべく少ない行数でより多くのARMをサポートするため,5つのベンダのARMアーキテクチャをシングルカーネルで統一してビルドすることになった。1つのカーネルで複数のARMプロセッサをサポートするのは3.7がはじめてとなる。

おそらく今年最後のアップデートとなるLinux 3.7。どんなエキサイティングなバージョンになるか,いまから期待したい。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入