Linux Daily Topics

2013年3月15日 地味で目立たなかったあのディストロが今や最もイノベーティブな存在に!? ─openSUSE 12.3がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The openSUSE Projectは3月13日(現地時間)⁠openSUSE 12.3を正式公開した。Linuxカーネルは3.7,デフォルトデータベースをMySQLからMariaDBに変更,OpenStackパッケージを完全同梱するなど,先進性に富んだバージョンとなっている。

openSUSE 12.3 - Awesome as 1-2-3 : openSUSE News

最大の特徴はやはり物議を呼んだMySQLからMariaDBへの変更だろう。オープンソースでありながらOracleによる情報公開が不透明すぎるとして,FedoraとともにデフォルトデータベースをMySQLからMariaDBに変更することを発表したのが2月のこと。約1ヵ月で正式版リリースに対応し,メジャーディストロとしては初めてMariaDBをデフォルトで採用したことになる。また,ネイティブJSONサポートを備えたPostgreSQL 9.2も含まれているのも新たな特徴のひとつだ。

Linuxカーネルには年末にリリースされたLinux 3.7が採用されている。これにより,RAID 10サポート,省電力機能の向上,Btrfsの改善,NOUVEAUドライバのパフォーマンス向上などが実現している。

また,openSUSEとしては今回初めてオープンソースのクラウドプラットフォームとして最も人気の高いOpenStack "Folsom"をフルパッケージで同梱している。

その他の主なソフトウェアは以下の通り。

  • KDE 4.10
  • GNOME 3.6
  • Xfce 4.10
  • Enlightment 17
  • GCC 4.7
  • Glibc 2.17
  • Firefox 19.0
  • LibreOffice 3.6.3
  • Virtualbox 4.2

いずれのアプリケーションも最新版かそれに近いバージョンがほとんど。先進的でありながら,いかにも正統派のLinuxディストリビューションといった内容となっている。

少し前までは最も先進的なディストロといえばFedoraだったが,最近のFedoraはリリースに遅れが生じることが多く,6ヵ月という開発期間をオーバーすることも増えている。これに対してopenSUSEはスケジュール通りにプロジェクトを回し,正式公開に至るまで何度もマイルストーンを公開,情報公開の透明度も高い。UbuntuやFedora,Mintの影に隠れがちなopenSUSEだったが,ここにきてようやくその存在がクローズアップされるかも……そんな期待を抱かせるバージョンに仕上がったといえる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入