Linux Daily Topics

2013年4月23日 Debian 7.0は5月初旬,Linux 3.9リリースは4月第4週に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debian 7.0

Ubuntuをはじめ,数多くのLinuxディストリビューションのアップストリームOSとして強い影響力をもつ世界最大のLinuxプロジェクトDebian GNU/Linux。Ubuntuと異なり,そのリリース時期は明確に提示されていないが,ここにきてようやく,待望の新バージョンである「Debian GNU/Linux 7.0 "Wheezy"」のリリースが決定したようだ。

DebianリリースチームのNeil McGovern氏のポストによれば,Debian 7.0のリリース日は5月4日,もしくは5日をターゲットにしているとのこと。ほぼ準備は整っているようで,朗報が待たれるところだ。

なお,DebianベースのUbuntu 13.04(開発コード"Raring Ringtail")は4月25日リリースが予定されている。

Linux 3.9

4月21日にも正式リリースが公開されると思われていたLinux 3.9だが,残念ながら1週間ほど先になるようだ。Linus Torvaldsは21日,8本目のリリース候補版となるLinux 3.9-rc8をリリース,⁠それほど大きくはないが,直したほうがいい問題がいくつかあり,⁠正式リリースを)来週に延ばすことにした」としている。また,⁠よほどクリティカルな問題でない限り,⁠3.9に関する)プルリクエストを送ってこないように」と釘もさしている。

LKML: Linus Torvalds: Linux 3.9-rc8

Linux 3.9ではBtrfsやext4などのファイルシステム関連のパフォーマンス向上や省電力設定の改善,Google Goldfishのメインライン化などが予定されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入