Linux Daily Topics

2013年4月30日 RAID 5/6サポート,SSDキャッシュ,goldfishエミュレータ…─新機能満載でLinux 3.9がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先週の予告通り,当初の予定から1週間遅れの4月28日(米国時間)⁠Linus TorvaldsはLinux 3.9を正式公開した。

主な新機能は以下のとおり。

  • BtrfsでのRAID 5およびRAID 6の拡張サポート
  • Android開発環境としてQEMUベースのARM仮想化プラットフォーム"goldfish"
  • デバイスマッパーにターゲットとしてSSDなど高速キャッシュデバイスが追加可能に
  • プロセッサとしてSynopsys ARC 700,Meta Imaginationを新たにサポート
  • KVMがARMでサポート
  • Intel開発のPowerClampドライバによる電力効率の改善
  • 新サスペンドモード"suspend-freeze"の追加(suspendに比べて電力消費量を低減)
  • Chromeノートのサポート
  • CONFIG_EXPERIMENTALの削除

その他,Btrfs関連の機能改善やDRMグラフィックドライバの変更などが多く見られている。

また,Linux 3.9の正式公開に伴い,Linusは次期リリースであるLinux 3.10のマージウィンドウをオープンしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入