Linux Daily Topics

2013年7月18日 「汚い言葉はやめて!」女性開発者の苦言にLinus倍返し

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

もはや本コーナーは"Linus暴言録"と陰で呼ばれているようだが,我らがLinus Torvaldsがまたまたカーネル開発メーリングリスト「LKML.org」での発言で物議を醸している。といっても今回の場合,どちらかと言うとLinusは巻き込まれた感が強いかもしれない。

コトの発端はLKMLに7月15日付でポストされたIntelの女性開発者 Sarah Sharpからのメールである。

LKML: Sarah Sharp: Re: [ 00/19] 3.10.1-stable review

彼女は,Linusがカーネルメンテナーの古参"GKH"ことGreg Kroah-Heartmanに対し"door-mat(ドアマット,踏みつけられてもしょうがないほどのボケ)"と呼んだことにひどく立腹し,⁠これはもう暴力です! カーネルの質の向上に,こんな汚い言葉は必要ありません!! とても受け入れがたいわ」と噛みついたのだ。

ご存知の向きも多いと思うが,GKHはLinuxカーネルの新バージョンがリリースされた後,次のバージョンが出るまでの間,セキュリティアップデートなどを施したメンテナンスバージョンを継続的にアナウンスしている人物だ。Linusとは付き合いも長く,信頼も厚いはず……だが,Linusはたとえ友人であろうとも,カーネル開発におけるルール違反者には容赦なく口撃を行う。逆に言えば理由なく罵倒することはない。

今回,GKHがドアマット呼ばわりされた理由は,GKHがLinusに黙っていくつかのパッチをあててメンテナンスバージョンを出したからだとされている。LinusはGKHに対し「けっこうみんな言ってるよ。Linusに送るほど重要じゃないパッチでも,GKHに送れば彼はこっそりパッチを当てて,あとから報告するみたいだから,アップデートバージョンが出るまでちょっと待ってみようかな,ってね」とチクリと刺し,そうした行為を「ドアマットなボケがやるのと同じこと」と批判している。

Linusのこれまでの暴言を知る者から見れば,それほど過激なものとも思えず,どちらかといえばおとなしい感じすらするのだが,どうもSharp女史には耐えられなかったらしい。⁠メーリングリストではプロフェッショナルに振る舞いましょう」⁠次回のカーネルサミットでこのことを議題にしましょう」と学級委員よろしく提案し,メールの最後には「もう私は我慢しない。大声で周りに訴えてやる! これまでトップメンテナー(Linusのこと)に逆らえず,黙るしかなかった人たちのためにも! 私はもういい子でいることはやめたの!」と力強くLinusに宣戦布告している。

さて,このご提案&宣戦布告に我らがLinusはどう反応したのだろうか。まずはこんな短い返信を行っている。

LKML: Linus Torvalds: Re: [ 00/19] 3.10.1-stable review

That's the spirit.

Greg has taught you well. You have controlled your fear. Now, release your anger. Only your hatred can destroy me.

Come to the dark side, Sarah. We have cookies.

そうこなくっちゃ!

Gregは君によく指導してくれたんだね。君は自分の負の感情をコントロールしてきたんだろう。さあ,いまこそ怒りを解き放て! 君の怒りだけが僕を叩き潰す可能性があるのだから。

ダークサイドにおいで,Sarah。クッキーがあるよ

最後はもちろん「Star Wars」からの引用だろう。見ての通り,Linusはまともに相手にする気がなかった。多少は面倒臭がったのかもしれない。

だがSharpはこれで終わりにする気はなく,しつこくLinusに噛み付いていく。果ては自分のブログやTwitterでも喧伝,⁠私はひとりでも戦う。でも賛同者がいてくれればもっとうれしい」⁠カーネル開発はプロフェッショナルの場であるべき」などと書きこみ,あっという間に世界中のLinuxユーザに知られる存在となった。

No more verbal abuse -The Geekess
Twitter /Sarah Sharp: I'm on to something...

また,彼女に同調するメディアも出はじめている。

Dear Linus, STOP SHOUTING and play nice - says Linux kernel dev -The Register

さすがにこうした攻勢に黙ってられなくなったLinus,⁠平常運転⁠に戻り「クソ食らえ(Bullshit)⁠で始まる長い反論メールをLKMLに投稿した。

LKML: Linus Torvalds:: Re: [ 00/19] 3.10.1-stable review

「君の言う"プロフェッショナル"とやらに僕はまったく興味がない。同様に見せかけの礼儀正しさや,オフィスでの正しい振る舞いかたにも興味ないね。他人に自分の流儀を押し付ける真似なんて,最悪の人間がやること」としており,それ以上は今のところ相手にしない構えを見せている。

しばらく長引きそうな騒動だが,Linusが今回の件に懲りて暴言を吐かなくなることはまずないだろう。Linusの口汚さを止めるにはただひとつ,ルールに沿ったカーネル開発の方針を守ること,それだけなのだが。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入