Linux Daily Topics

2015年4月16日 開発中のFedora 22,カーネルにLinux 4.0を採用へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

4月12日にリリースされたばかりの最新カーネルLinux 4.0だが,Fedora Projectは4月16日(米国時間)⁠開発中のFedora 22にLinux 4.0を採用することを発表した。現在Fedora 22はアルファ版が公開中。このアルファ版のユーザであれば,Fedoraリポジトリからカーネルを4.0にアップデートすることが可能になっている。

Linux Kernel 4.0 available in Fedora 22 Alpha - Fedora Magazine

Fedora 22はベータ版のリリースが当初の予定より若干遅れており,現状では4月21日に公開となっているが,ベータ版では最初からLinux 4.0が実装されることになる。

Fedora 22は5月中旬のリリースが予定されているが,順調に運べばライブパッチ機能を実装したLinux 4.0を最初に採用したメジャーディストリビューションになるはずだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入