Linux Daily Topics

2016年2月23日 Ubuntu,「Xenial Xerius」でのZFSサポートを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2016年4月末にリリースが予定されているUbuntu 16.04(開発コード"Xenial Xerius")でファイルシステムのひとつとしてZFSがサポートされることが明らかになった。CanonicalでUbutntu Product & Strategyチームに所属するダスティン・カークランド(Dustin Kirkland)氏がブログで報告している。

ZFSはSolarisや,FreeBSDをはじめとしたBSD系OSなどでサポートされているファイルシステム。強力なスナップショットやコピーオンライト機能を備えており,ボリュームマネージャとしても使えることもあって,長年に渡って強い人気を誇るが,GPLに抵触する部分があるためLinuxカーネルのメインラインには実装されていない。このため,LinuxユーザがZFSを利用したい場合はユーザ空間のドライバ経由で使うか,カーネルレベルでのネイティブサポートをめざす「ZFS on Linux」プロジェクトの成果物を利用するといった方法が用意されている。

今回,Ubuntuはユーザがビルトすることなく利用できる「zfs.ko」というカーネルモジュールを提供,ZFSを使いたいユーザがほとんど手間なく起動できる環境を用意する。ZFS用のユーザ空間「zfsutils-linux」もパッケージとしてメインシステムに同梱されており,ネイティブサポートに近いレベルでのZFSモジュール提供となる。

UbuntuのベースOSであるDebianは2015年4月にZFSをアドオンパッケージとしてリポジトリにZFSを追加すると発表しており,今回のUbuntu 16.04でのZFSサポートはDebianのこの動きに追従したかたちとなる。

なおUbuntu 16.04ではこれまでUbuntuのパッケージマネージャとして使われてきた「Ubuntu Software Center」が廃止され,代わりに「GNOME Software」が採用されることになる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

  • 2016年2月23日 Ubuntu,「Xenial Xerius」でのZFSサポートを発表

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入