Linux Daily Topics

2016年3月16日 コピーオフロード機能,Btrfsパフォーマンス改善 ─細かなアップデート中心のLinux 4.5がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは3月13日(米国時間),Linuxカーネルの最新版である「Linux 4.5」を正式公開した。7本のリリース候補(rc)版を出したあとの公開で,Linusは「rc8を出すかどうか,かなり迷った」とコメントしているが,rc7まで課題として残っていたネットワーク周辺のバグなどをほぼ解決できたためリリースに踏み切ったとしている。

LKML: Linux 4.5: Linus Torvalds

Linux 4.5のおもな機能追加および改善点は以下のとおり。

  • cpより若干速い新システムコール「copy_file_range(2)」の追加
  • AMDのグラフィクスドライバ(Catalyst)のパフォーマンスを向上する「AMD PowerPlay」の試験的サポート
  • Btrfsにおけるフリースペースキャッシングのパフォーマンスおよびスケーラビリティ改善
  • GCCのデバッギングツール「UBSAN (Undefined Behaviour SANitizer)」のサポート
  • デバイスマッパーのverityターゲットに「Forwarded Error Correction」機能がサポート
  • システムコール「madvise(2)」に必要に応じてページをフリーにできる「MADV_FREE」機能が追加
  • 複数のファイルディスクリプタを監視するイベントハンドラ「epoll」のスケーラビリティを改善
  • cgroupにおけるヒエラルキー制御の安定化
  • UDPソケットのオプション「SO_REUSEPORT」のパフォーマンス改善

全体的に大きなアップデートは少なく,グラフィックやネットワークのパフォーマンスやスケーラビリティ改善が中心。ファイルシステムやメモリ制御のアップデートも目立つ。より大きな機能強化は4.6で行われることになりそうだ。なお,LinusはすでにLinux 4.6のマージウィンドウをオープン,次のリリースに向けて動いている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入