Linux Daily Topics

2016年5月18日 USB 3.1対応,新ファイルシステム「OrangeFS」など新機能満載のLinux 4.6がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは5月15日(米国時間)⁠Linux 4.6を正式公開した。7本のリリース候補版(rc)を出した後の「通常のスケジュールで」⁠Linus)リリースされた4.6だが,久々に大きな機能追加がいくつも行われたカーネルとなっている。

Linux 4.6で新たに追加/強化された主な機能は以下のとおり。

  • 10GbpsのUSB 3.1 SuperSpeedPlus
  • OOM(Out of Memory)タスクキラーの信頼性向上
  • Intelの新CPUに対応したメモリプロテクションキー
  • 分散ファイルシステム「OrangeFS」
  • TCPを使ったメッセージの送受信を効率化するKCM(Kernel Connection Multiplexor)
  • 暗号化技術「MACsec IEEE 802.1AE」
  • BATMAN(Better Approach To Mobile Adhoc Networking)にVプロトコル(IVプロトコルの後継)を追加
  • CPU - GPU間のキャッシュコヒーレンスを管理するAPI「dma-buf」
  • 共有ディスクファイルシステム「OCFS2(Oracle Cluster File System 2)⁠にオンラインinodeチェッカー
  • cgroupのプロセスファイル(/proc/$PID/cgroup)を仮想化してコンテナ作成を容易にする「cgroup namespaces」
  • pNFS SCSIレイアウト

新ファイルシステムとして追加されたOrangeFSはスケールアウト型のストレージシステム。並列分散型のファイルシステムはこれまでにも数多くLinuxでサポートされてきたが,OrangeFSとそれらの違いは,数千規模のマルチコアストレージノードが稼働するような環境でのハイパフォーマンス維持が目的になっている点だ。もともとは1993年に開発がスタートしたPVFS(Parallel Virtual File System)に端を発しており,2008年からHPCやストリーミングデータなどのビッグデータの処理にフォーカスしたOrangeFSプロジェクトにリネームし,今回ようやくメインストリームに統合されることになる。

また,Linux 4.6では新たに多くのハードウェアサポートが追加されており,AMD RadeonのGPUドライバが数多く追加されたほか,サポートされたARM SoCボードも増えている。

Linusはすでに次のLinux 4.7に向けマージウィンドウをオープンしており,プルリクエストを受け付けている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入