Linux Daily Topics

2016年6月13日 Fedora 24が4度目のリリース延期,正式公開は6月21日に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは6月9日(世界標準時)⁠6月14日に正式リリースを予定していた「Fedora 24」の公開を1週間延期し,6月21日にリリースすると決定した。当初,Fedora 24は5月17日にリリースが予定されていたが,今回で4度目の延期となる。

Fedora 24 Final status is NO-GO -Fedora List Archives

リリース延期のおもな理由は「ブートローダー(GRUB2)のバグの修正が間に合わない」ことで,そのほかにもファイナルフリーズ(5月31日)以来,いまだに修正されていないバグがいくつか残っているという。わずか1週間でそれらのバグがすべて修正されるかどうかは疑問だが,これ以上の遅延は何としても回避したいところだ。なお,プロジェクトチームは6月16日に再度,Fedora 24をリリースするかしないかの判定(Fedora 24 Final Go/No-Go Meeting)を行う予定だ。

Fedora 24はカーネルにLinux 4.5を採用し,GNOME 3.0,KDE Plasma 5.6,LibreOffice 5.1,GCC 6など,多くの最新ソフトウェアが含まれることになっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入