Linux Daily Topics

2016年6月28日 Debian 9 "Stretch"のコンパイラはGCC 6オンリーで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

6月24日,Debian開発者のマティアス・クローゼ(Matthias Klose)氏はDebianの開発者メーリングリストに対し,2016年末に正式リリースが予定されているDebian GNU/Linux 9 "Stretch"のコンパイラに関して「GCC 6がStretchのデフォルトコンパイラになる」と投稿した。現在,テスト版(Debian Testing)とUnstable版のユーザであれば,GCC 6をデフォルトコンパイラとして利用し,バグフィクスなどをレポートすることができる。

GCC 6 & binutils for the Debian stretch release

クローゼ氏は「StretchをGCC 4.9/GCC 5なしでリリースすることは僕のゴールだ」とも明言しており,StretchではGCC 6がデフォルトになるだけでなく,GCC 4.9およびGCC 5はStretch以降,利用できなくなる予定だ。

GCC 6の最新バージョンは4月27日にリリースされたGCC 6.1だが,6月中にもGCC 6.2が公開されるとみられている。クローゼ氏は,この6.2がリリースされた後に,StretchのデフォルトコンパイラをGCC 6に変更するとしている。

また,クローゼ氏は同じメールでプログラミングツール集のGNU Binutils(binutils)のリリースサイクルが12ヵ月から6ヵ月に変更されたことについても触れており,次のバージョンであるbinutils 2.27は2016年夏ごろにリリースされるため,Stretchに含まれるのはbinutils 2.7もしくは次のバージョンの2.8になる予定だとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入