Linux Daily Topics

2016年8月10日 Ubuntu,ネットワーク設定をYAMLベースの「nplan」で統一へ,Yakkety Yakでも提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Ubuntu開発チームのsytemd担当者でCanonicalに在籍するマーティン・ピット(Martin Pitt)は7月29日(世界標準時)⁠Ubuntu開発者向けのメーリングリストに宛て,デスクトップ版からクラウド版までを含むすべてのUbuntuバージョンで共通のネットワークコンフィギュレーションを提供することを目的に,新たに「netplan」プロジェクトを開始したことを発表した。これに伴い,netplanを実装したパッケージ「nplan」が10月リリース予定の「Ubuntu 16.10(開発コード"Yakkety Yak")⁠で提供されるという。

Annoucing netplan -- Consolidated YAML network configuration across Ubuntu : Martin Pitt
netplan in Launchpad

現在,Ubuntuではデスクトップ/サーバ版とクラウド版がデフォルトで管理するネットワークインタフェースがそれぞれ異なっている。デスクトップ/サーバ版はインストーラが自動で/etc/network/interfacesにifupdownを生成し,一方クラウド版ではYAMLベースのフォーマットを利用している。どちらもGNOME上のネットワーク設定ツールであるNetworkMangerとの相性がよくなく,networkdのサポートも提供されない。

この状態を解決するため,netplanでは新たに「/etc/netplan/*.yaml」というネットワーク設定ファイルをすべてのUbuntuバージョンに提供する。どのバージョンのインストーラも自動で*.yamlとしてインタフェースを生成するので,/etc/network/interfacesは不要になる。

netplanによるメリットは「異なるバックエンド間でもダイナミックに切り替えられること」とピットはコメントしている。なお現状でサポートするバックエンドはnetworkdとNetworkManagerのみ。

Ubuntuプロジェクトでは10月にリリースされるUbuntu 16.10において,このnetplanプロジェクトを具現化したパッケージ「nplan」を実装する予定だ。

NetworkMangaerと/etc/network/interfacesの衝突は過去に多くのUbuntuユーザから報告されてきた。neplanとnplannにより,ようやくバージョンを問わず,シンプルなネットワーク設定方法を提供する第一歩を踏み出すことなる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入