Linux Daily Topics

2016年8月18日 VirtualBox 5.1.4がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Oracleは8月16日(米国時間)⁠オープンソースの仮想化ソフトウェア「VirtualBox 5.1」の2回めのメンテナンスアップデートとなる「VirtualBox 5.1.4」をリリースした。前リリースの5.1.2から3週間後のアップデートだが,多くの機能追加やバグフィクスが実施されている。

主なアップデート項目は以下のとおり。

  • NVMeサポートの強化,VMの状態を保存する際にクラッシュするバグを修正
  • LinuxカーネルがLinux 4.7以降のバージョンの場合,ビルトインのビデオドライバが動作する
  • VRAMサイズが十分なグラフィックカードを備えた32ビットゲストであれば,同様にビデオドライバが正常に動作する
  • X.Org Serverのスクリーンがリフレッシュされないバグの回避策
  • Linux版インストーラに多くの修正パッチ,Ubuntu 14.04で報告されていた「xcb not found」のエラーも解決
  • Windowsホスト+特定のディストリビューションのLinux/Solarisゲスト環境でマウスポインタの不具合が起こるバグを解決
  • Mac OS Xゲスト用のスピーカーがふたたび利用可能に
  • Windows 2000でのVBoxTrayのトラブルを解決
  • Windows 10ゲストで生じていたオートリサイズの不具合を解決
  • 5.0.0以降,VBoxManageでクローンイメージを作成できなくなっていた不具合を解決

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入