Linux Daily Topics

2016年9月6日 11月の"飛翔"に向けて ―openSUSE Leap 42.2がベータリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

openSUSEプロジェクトは8月31日,次期バージョンとなる「openSUSE Leap 42.2」のベータ版を公開,同時にLeapの正式リリースを11月16日にすると発表した。

openSUSE Releases Leap Beta, Modifies Road Map - openSUSE News

現在,openSUSEはローリングリリースモデルを採用している「openSUSE Tumbleweed」と,SUSE Linux Enterprise(SLE)のソースコードをベースにすることでOSとしての安定性を強化した「openSUSE Leap」という2つのブランドが存在する。Leapの最初のバージョンは2015年11月にリリースされたopenSUSE Leap 42.1で,予定通りに開発が進めばちょうど1年ぶりのアップデートとなる。42.2ではsystemd 228やQt 5.6といった主要パッケージのアップデートも予定されている。

今後のリリーススケジュールによれば,9月21日にベータ第2版を,10月3日にベータ第3版を出して機能をフリーズさせた後,10月18日にリリース候補(RC)版を公開,問題なければ11月16日の正式リリースとなる。ちょうど11月7日にワシントンDCで開催されるSUSE Linuxのカンファレンス「SUSECon 16」のタイミングと重なることもあって,SUSEユーザにとっては11月は忙しい月になりそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入