Linux Daily Topics

2016年11月11日 原因はブートメニューのバグ ―Fedora 25のリリースは1週間延期に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは11月10日(米国時間),11月15日に予定されていた「Fedora 25」のリリースを1週間延期し,11月22日とすることを発表した。Red Hatに所属するプラットフォーム兼FedoraプロジェクトマネージャのJan Kurikが開発者向けのメーリングリストで明らかにしたもので,「予定通りにGAを決行するかしないか(GO/No-Go)を決めるミーティングの結果,No-Goに決定した」とという。

Fedora 25 Final status is NO-GO -Fedora Mailing-Lists

正式リリース延期の原因は,Mac OS Xとのデュアルブートインストールの際,Fedoraのブートメニューが表示されず,OX Xでしか起動できないというバグが報告されたことによるもの。このバグが報告されたのは11月10日で,修正を反映していては15日には間に合わないことが判明,今回の延期の決定に及んでいる。

Fedoraはこれまでも正式リリース(GA)の延期が発表されるケースが多かったが,今回は11月1日にファイナルフリーズが発表,予定通りのリリースが期待されていたが,そう簡単には運ばなかったようだ。

Fedora 25はカーネルに現時点で最新のLinux4.8を採用,デスクトップ環境にはGNOME 3.22がデフォルトとなっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入