Linux Daily Topics

2016年11月15日 UbuntuファミリにBudgieデスクトップが仲間入り! Ubuntu Budgieとして17.04から正式リリースへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Ubuntuには多くの派生ディストリビューションが存在し,KubuntuならKDE,XubuntuならXfceといった具合に,それぞれが独自にデスクトップ環境を採用している。そして今回,新たなデスクトップ環境を搭載したLinuxディストリビューションが正式にUbuntuファミリに昇格した。SolusのフラグシップデスクトップであるBudgieを実装したUbuntuベースのディストロ「Budgie-Remix」は11月8日(米国時間),同ディストリビューションがUbuntuのテクニカルボードにUbuntuファミリに認定されたと発表,これに伴い名称も「Ubuntu Budgie」に変更している。

Its official! - Ubuntu Budgie

Budgie-Remixは2016年4月に最初のリリースである「budgie-linux 16.04」を公開,10月には「budgie-linux 16.10」を出している。Ubuntu Budgieとしての最初のリリースは2017年4月の「Ubuntu Budgie 17.04」となる予定だ。

Budgieは「シンプリシティとエレガンス」にこだわったデスクトップ環境として開発が続けられており,スクラッチから書かれているが,GNOMEスタックとタイトに統合されているのが特徴だ。軽量でありながら,洗練された現代的なデザインが人気を呼んでおり,UbuntuのデスクトップをBudgieに変更するユーザも少なくない。今回,Budgie-Remixが正式にUbuntuコミュニティエディションに昇格したことで,UbuntuでBudgieを使うユーザはますます増えそうだ。

Budgie-Remixのデスクトップbudgie-remix.orgより)

Budgie-Remixのデスクトップ

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入