Linux Daily Topics

2016年12月12日 Linux 4.9が正式公開,2200万行を超える史上最大のビッグリリースに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは12月11日(米国時間),Linuxカーネルの最新版である「Linux 4.9」を正式公開した。「これまででもっとも大きなリリースだと確信している」とLinusが明言しているとおり,総コード行数は約2234万行,5万6000を超えるファイルで構成されており,過去最大サイズのカーネルとなっている。

Linux 4.9 :Linus Torvalds

Linusは「4.9はサイズ以外はそれほど大きなリリースじゃない」としているものの,グラフィクス関連,とくにGPUまわりでいくつかの大きな変更が実施されている。そのひとつがAMD Radeonの旧世代グラフィックカード「Southern Islands(GCN 1.0 / HD7000シリーズ)」を,実験的にAMDGPU DRMドライバ(オープンソース)でサポートするようにしたことだ。これに伴い,Southern Islandsのメインラインでのサポートは次回以降,デフォルトではdisaableになる予定だ。また,AMDGPU DRMにも多くのパッチが当てられており,今回からはバーチャルディスプレイ機能も提供され,リセット機能も改善している。

Intel DRMに関してもいくつかのフィックスが実施されており,Skylakeサポートの改善や,DMA-BUF(DMAバッファ)におけるインプリシットフェンシングのフルサポートなどが含まれている。また4.9からIntel Integrated Sensor Hub(ISH)もサポートされた。

その他, Raspberry Pi ZeroやLG Nexus 5など29のARMマシンが新たにサポートされたほか,EFIのテストドライバが新たにメインラインに追加されている。

Linux 4.9のリリースに伴い,Linusは次のバージョンである「Linux 4.10」のマージウィンドウをオープン,プルリクエストの受付を開始している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入