Linux Daily Topics

2017年1月31日 GNOMEのキャッチアップはもう限界 ―SolusプロジェクトがデスクトップをQtベースに変更へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linuxカーネルから独自のスクラッチOSを開発するLinuxプロジェクト「The Solus Project」は,GNOME互換のデスクトップ環境「Budgie」を自前で作成していることでも知られている。現在Budgieはバージョン11に向けて開発が進んでいるが,Solusプロジェクトの開発者であるIkey Dohertyは1月25日(アイルランド時間)⁠Budgie 11ではGNOMEをベースにしない意向を明らかにしている。

Kicking Off Budgie 11 /Explaining the deGNOMEing

BudgieのベースをGNOMEから変更する理由についてDohertyは「GNOMEのメジャーリリースが出るたびに,Budgieには統合のための大きな負荷がかかる。BudgieがスタートしたGNOME 3.10から現在のGNOME 3.22に至るまでずっとその状態が続いている」とコメントしている。バージョンアップのたびに大きな変更を余儀なくされるGNOMEは,Solus/Budgieのようにスクラッチから開発するOSにとって負荷が大きすぎるという。Dohertyは「僕はGNOMEプロジェクトを本当にリスペクトしている」としながらも,⁠GNOMEはAPI/ABIともに変更が多すぎるし,複雑性も増している。小さな通知メッセージひとつを表示させるにも,数多くの複雑なプロセスを経なければならない」とGNOMEがBudgieの開発にとって大きな負荷であると強調,Budgie 11の開発における最優先事項は「GNOMEスタックからBudgieを分離させること」としている。

ではGNOMEから離れたのち,SolusとBudgieは何をデスクトップのベースにするのか。Dohertyはいくつかの可能性を挙げたのち,⁠Qtが次のBudgieにはもっとも適している」と結論づけている。ただしKDEのライブラリを使うのでも,Plasmaとの互換性を目指すのでもなく,⁠GNOMEアプリケーションを動かすことを視野に入れている」⁠Doherty)こともあって,Qt/C++による独自のデスクトップ環境を開発していきたいとしている。どうやら2017年中には"新生Budgie 11"が実装されたSolusを見ることになりそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入