Linux Daily Topics

2017年2月2日 KDE Plasma 5.9がリリース,グローバルメニューの実装やWaylandサポートの改善など

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

1月31日(米国時間)⁠オープンソースのデスクトップ環境「K Desktop Environment(KDE)⁠の新バージョンである「KDE Plasma 5.9」がリリースされた。グローバルメニュー(Global Menus)の再実装,Waylandサポートの改善など数多くのアップデートが含まれている。

Plasma 5.9 Kicks off 2017 in Style.

KDE Plasma 5.9における最大の変更は,KDE 4.xで提供されていたグローバルメニューの再実装だ。グローバルメニューは作業中のアプリケーションウィンドウ上部ではなく,デスクトップ上部のバーにメニューを一元的に表示する機能だが,5.xからはサポートされなくなっていた。今回,多くのユーザのリクエストに応えるかたちで復活したグローバルメニューだが,4.x時代からインタフェースを改良,通常のグローバルメニュー表示(Plasma Widget)のほかに,アプリケーションウィンドウのバー上で一元的にメニューを表示できる機能を追加している。

ウィンドウバー上でグローバルメニューを表示できるkde.orgのアナウンスページより)

ウィンドウバー上でグローバルメニューを表示できる

また5.9ではWayland対応の改善も大幅に図られており,スクリーンショットやカラーピッカーが使えるようになったほか,フルスクリーンでのボーダレスウィンドウ最大化機能も実装されている。またデスクトップテーマ「Breeze」を使っている場合は,デスクトップ上の空きスペースをクリックすることでアプリケーションをドラッグすることが可能になっている。

KDE Plasma 5.9はこれから数カ月かけて5回のメンテナンスアップデートが行う開発サイクルに入り,最終アップデートとなるKDE 5.9.5は4月25日にリリースされる予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入