Linux Daily Topics

2017年2月3日 Debian 9 "Stretch"のインストーラがRC 2に ―os-proberもアップデート,カーネルは4.9対応に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debianプロジェクトのインストーラチームは2月2日(米国時間)⁠Debianの次期バージョン「Debian 9 "Stretch"」のインストーラのリリース候補第2版(RC 2)を公開した。

Debian Installer Stretch RC 2 release

RC 2で最も重要な変更は,インストール済みの他のOSのブートイメージを探し出してブート項目に加えるコンポーネント「os-prober」のアップデート版が含まれていることだ。修正前のos-proberにはいくつか重大なバグがあり,場合によってはファイルシステムを破壊しかねなかったが,これらのバグはほぼフィックスされている。

またLinuxカーネルのバージョンは4.8からロングサポート版(LTS)の4.9に変更されているほか,armel/versatileアーキテクチャのサポートを除外している(メインストリームのカーネルサポートからすでに除外されているため)⁠

対応言語数は75,うち12言語はすべて翻訳が完了ずみだという。

Debian 9 "Stretch"の正式リリースは2月末か3月初旬ごろと見られている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入