Linux Daily Topics

2017年2月27日 Fedora,バージョン27からアルファ版を提供しない方針へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedora Linuxの開発チームは2月20日(米国時間)⁠2017年秋以降にリリースが予定されている「Fedora 27」からアルファ版の提供を取りやめることを決定した。ただし6月リリース予定の「Fedora 26」では従来通りアルファ版を提供する。

No More Alphas - Fedora Project Wiki

アルファ版の提供を取りやめる理由としては「Rawhideのクオリティがアルファ版とほぼ同等」であることを挙げている。FedoraはこれまでRawhideをブランチしてからアルファ版とベータ版を1度ずつリリースし,その後に一般公開(GA)するというプロセスを取ってきたが,この決定によりGA前に一般向けに提供するテストバージョンはベータ版だけとなる。

アルファ版を中止するメリットとして「アルファを中止することで,開発チームのリソースをほかに振り分けることができ,Fedoraの機能の向上につながる」ことが挙げられている。Fedoraのリリースサイクルは年に2回,春と秋に行われるが,ほぼ毎回予定されていたスケジュールから遅れる事態になっている。アルファ版をなくすことで,開発サイクル全体の遅れを改善したいという意向もあるようだ。

なお,次のリリースであるFedora 26のアルファ版は3月7日にフリーズ,3月21日にリリースされる予定となっており,正式リリースは6月13日が予定されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入