Linux Daily Topics

2017年3月10日 VirtualBox 5.1.16がリリース,Linux 4.11のサポートも

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Oracleは3月8日(米国時間)⁠オープンソースの仮想化ソフトウェア「VirtualBox 5.1.16」をリリースした。2016年7月にリリースされたVirtualBox 5.1の8度目のメンテナンスリリースとなる。

Oracle VM VirtualBox 5.1.16 now available for download! -Oracle's Virtualization Blog

VirtualBox 5.1.16の最大のアップデートは次期Linuxカーネル「Linux 4.11」のサポート。Linux 4.11は3月5日に最初のリリース候補版であるrc1が出たが,VirtualBoxはそれからわずか1週間でのサポート表明となった。

その他の変更点としては,

  • インストーラが不必要にカーネルモジュールを再構築するバグの修正
  • Linux 4.10で共有フォルダのカーネルモジュールのコンパイルをサポート
  • vboxsf FSモジュールエイリアスの追加
  • グローバル設定,ネットワーク,DHCPサーバ設定などにおけるエラーハンドリングの改善
  • VMM(Virtual Machine Manager)の改善
  • OVFサポートの強化

などが挙げられる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入