Linux Daily Topics

2017年3月22日 Red Hat Enterprise Linux 6.9がリリース,6.xとして最後のアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hatは3月21日(米国時間)⁠⁠Red Hat Enterprise Linux 6.9」をリリースした。RHEL 6.xとしては最新かつ最後のアップデートとなる。

Red Hat Launches Latest Version of Red Hat Enterprise Linux 6, Pairing Production Stability with IT Modernization

RHEL 6.9ではいくつかのハードウェアサポートが新たに追加されたほか,セキュリティ面の強化としてTLS(Transport Layer Security)⁠ 1.2へのアップデートが行われており,最新のPCI DSSをサポートすることになる。またコンテナ対応も強化され,RHEL 6.9のベースイメージを利用することでRHEL 6のワークロードをコンテナベースのアプリケーション(RHEL 7,RHEL Atomic Host,OpenShift Container Platformに最適化)に移行することが容易になる。

RHEL 6.9をもってRHEL 6.xは最後のアップデートとなり,5月10日からは運用フェーズ3(Production Phase 3)に入ることになる。今後,RHEL 6はセキュリティフィックスを中心とするメンテナンスアップデートのみが適用され,ユーザに対してはRHEL 7へのマイグレーションが推奨されることになる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入