Linux Daily Topics

2017年4月17日 Kubernetes 1.6 on Ubuntuがリリース,GPUの実験的サポートも

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CanonicalのエンジニアリングマネージャMarco Ceppiは4月12日(英国時間)⁠⁠Canonical Distribution of Kubernetes(CDK)⁠においてKubernetes 1.6をサポートしたことを発表した。対象となるOSはUbuntu 16.04 LTS。

General availability of Kubernetes 1.6 on Ubuntu | Ubuntu Insights

CDKはCanonicalがUbuntuユーザに提供するUbuntuに最適化されたコンテナオーケストレーション環境。今回のアップデートにおけるおもな改善ポイントは以下の通り。

  • TLS暗号化 … PKIとしてEasyRSAをデプロイ可能に
  • 可用性の向上
  • 環境をまたいだデプロイが容易に … AWS,GCP,AzureなどのパブリッククラウドからOpenStack,VMware,その他ベアメタル環境など閉じた環境への移行もスムースに
  • 運用のシンプル化 … アップグレード,ノードのメンテナンス,バックアップ,リストアなどオペレーションを一括
  • 拡張性の向上

また,実験的な試みとして,GPU(NVIDIA)とCUDAのサポートが追加されており,すべてのKubernetesノードでCUDAコアが利用可能となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入