Linux Daily Topics

2017年4月28日 GRUB 2.02がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

オープンソースのブートローダ「GRUB」の最新版である「GRUB 2.02」がリリースされた。前バージョンのGRUB 2.00がリリースされて以来,実に5年ぶりのアップデートとなるが,久々のバージョンアップにふさわしく,数多くの新機能が実装されている。

NEWS - grub.git

GRUB 2.02におけるおもな強化ポイントは以下の通り。

  • Big-endian UFS1のサポート
  • 64ビットext2の実験的サポート
  • ZFS LZ4サポート
  • ZFS機能のサポート
  • CBFS(コアブート)サポート
  • XFS V5フォーマットのサポート
  • Dragonfly BSDのラベル
  • GPT PRePのサポート
  • ファームウェアからネイティブディスクドライバへと変更する「nativedisk」コマンド
  • ファイル読み込み中に進行状況を示す「progress」モジュール
  • パーティションに分割されたLVMを適切にハンドリング
  • LVM UUIDが利用可能に
  • LVM RAID1サポート

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入