Linux Daily Topics

2017年5月22日 Visual Studio CodeがSnapパッケージでUbuntuに登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Canonicalは5月19日(英国時間)⁠Microsoftが開発するオープンソースのクロスプラットフォームなテキストエディタ「Visual Studio Code」のSnapパッケージでの提供を開始した。

Visual Studio Code is now available as a snap on Ubuntu | Ubuntu Insights

Ubuntuユーザ(Ubuntu 14.04 LTS,16.04 LTS,16.10,17.04)はCanonicalのSnappy Storeから以下のコマンドを実行するだけで直接ダウンロードできる。

sudo snap install --classic vscode

Visual Studio Codeは2015年4月にプレビュー版が公開され,同年11月にはMITライセンスのもとでオープンソースとしてリリース,以降,Githubにおいて開発が続けられてきた。開発フレームワークにはクロスプラットフォームなアプリケーション作成を得意とするElectronを採用している。Gitのビルトインサポートやコマンドパレット,拡張機能による数多くのプログラミング言語サポートといった特徴から,現在もっとも人気のあるソースコードエディタのひとつに数えられている。

Ubuntu上にVisual Studio Codeをいったんインストールすれば,利用中のデスクトップ環境(Unity,GNOME,KDE,Xfceなど)のアプリケーションメニューもしくはコマンドラインから直接使うことができるようになる。また,アップストリームを有効にしておけば,つねに最新のVisual Studio Codeを利用可能だ。

Canonicalは5月11日にもテキストエディタの「Atom」をSnapで提供開始しており,今後はSnapによるパッケージ提供にさらにフォーカスしていくものと見られている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入