Linux Daily Topics

2017年6月22日 Debian,複数のバグによりStretchリリースから4日でアップデート提供へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

6月17日に待望の「Debian 9 "Stretch"」正式リリースを果たしたDebianだが,リリースチームがひと息つけるまでにはまだしばらく時間がかかりそうだ。Debian開発者でCDイメージチーム(debian-cd)のSteve McIntyreは6月21日,Stretchのライブイメージにいくつかの問題点があることをメーリングリストにて明らかにし,一部について修正を行ったアップデート(Debian 9.0.1)の提供を開始したとアナウンスしている。

New live images released (9.0.1)

Stretchリリース時点のバグは以下の通り。

  1. KDEのライブイメージ(KDE Live ISO)の動作がいくつかのハードウェア(Intel製)において不安定 …まだ対応中
  2. BIOSモードで起動時(isolinux使用時)「Debian Live with Localisation Support」サブメニューのいくつかのローカライゼーションオプションが正しく表示されない … 9.0.1で対応済み
  3. UTF-8コンソールが正しくコンフィギュレーションされない … まだ対応中
  4. ライブイメージに含まれるパッケージファイルのバグにより,ライブイメージのブートメニューからインストールできない … 9.0.1で対応済み
  5. ライブラッパー(live-wrapper)が正しくボリュームIDを設定できていなかったために,すべてのライブイメージのボリュームIDが正しくない … 9.0.1で対応済み
  6. ライブイメージのrootディレクトリのパーミッションが極端に制限されている(mode 0770)⁠ … 9.0.1で対応済み

このうち,現時点で修正が済んでいない2つのバグに関しては,7月に予定されている次のアップデートで対応が行われる見込みだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入