Linux Daily Topics

2017年6月29日 Debian開発者,Intel Skylake/Kaby Lakeユーザにハイパースレッディング無効化を警告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debian開発者のHenrique de Moraes Holschuhは6月25日,Debianユーザおよび開発者向けのメーリングリストに対し「Intel Skylake/Kaby Lake processors: broken hyper-threading」と題した投稿をポスト,IntelのSkylakeおよびKaby Lakeを利用中のユーザはハイパースレッディング(1つのコアで複数のスレッドを同時に実行する機能)を無効にするよう呼びかけている。

[WARNING] Intel Skylake/Kaby Lake processors: broken hyper-threading

対象となるのはSkylake / Kaby Lakeを搭載したデスクトップやモバイルデバイスのほか,関連プロセッサであるXeon v5 / Xeon v6を搭載したサーバマシンも含まれる。これらのチップでハイパースレッディング機能を有効にしていると,システムやアプリケーションの挙動に不具合が発生し,データの破損や消失を引き起こす危険性があるという。ハイパースレッディングの無効化は通常BIOSあるいはUEFIの設定画面から行うことができる。

Holschuhは「今回の不具合はDebianやLinuxにかぎらず,他のあらゆるOSにも同様の問題が起こる可能性が高い」としている。Intelからはまだ修正プログラムが提供されていないので,問題を回避するにはハイパースレッディングを無効化するのがベストの解決策となる。"Stretch"および"Jessie"のユーザであれば,Debianからマイクロコードパッケージ(intel-microcode pacages)がリリースされているので,未対応の場合は早急にアップデートすることが推奨されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入