Linux Daily Topics

2017年7月3日 Linux 4.12が正式リリース,AMD VegaやNVIDIA Pascalのサポートなどが追加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは7月2日(米国時間)⁠⁠Linux 4.12」を正式公開した。5月中旬から約2カ月弱,7本のリリース候補版(RC)を経てのリリースで,とくに大きなトラブルもなく正式公開に至っているが,Linusは「Linux 4.12は歴史的に最も大きいリリースのひとつ」とコメントしている。

Linux 4.12: Linus Torvalds

カーネルサイズが大きくなった原因についてLinusは「AMD Vega(製品名: AMD Radeox RX Vega)サポートのためのヘッダファイルの追加」を挙げており,これが全体のパッチの約半分を占めているという。AMDの次世代GPUアーキテクチャであるVegaはマシンラーニング分野などでの導入拡大が見込まれているが,Linuxカーネルにおいても今回はじめてサポートされることになる。

グラフィックドライバ関連ではもうひとつ,NVIDIAのGPUアーキテクチャ「Pascal」を搭載した「NVIDIA GeForce GTX 1000」シリーズのNouveau DRMによるサポートだ。GTX 1000シリーズのサポートも今回が初となる。

その他の主な新機能としては

  • I/Oスケジューラ「BFQ(Budget Fair Queing)⁠および「Kyler」のメインライン追加
  • BtrlfsのRAID 5/6における改善およびMD(Multiple Device)⁠ RAIDの最適化
  • Raspberry Piユーザ向けに「Broadcom BCM2835」サーマルドライバの追加

などが挙げられる。

LinusはLinux 4.12の公開に伴い,次のリリースである「Linux 4.13」に向けてすでにマージウィンドウをオープンしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入