Linux Daily Topics

2017年7月6日 Fedora,Atomic Hostエディションのライフサイクルを変更へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

延期に次ぐ延期でなかなかリリースされない「Fedora 26」だが,現在のステータスはベータ版で,正式リリースは7月中旬ごろと見られており,⁠Fedora 26 Workstation」⁠Fedora 26 Server」⁠Fedora 26 Atomic Host」の3つのエディションの提供が準備中だ。カーネルにはLinux 4.11,デスクトップ環境にはGNOME 3.24がデフォルトで搭載される予定となっている。

Fedora 26 Beta now available - Red Hat Blog

今回はともかく,Fedoraは基本的に6ヵ月に一度の頻度でアップデートが行われる。各バージョンのサポート期間は1年間であるため,たとえばFedora 26であれば,2つあとのアップデートである「Fedora 28」のリリース直後までサポートされることになる。これはどのエディションも共通だ。だがFedora 26以降,このサポート方針が変更されることになりそうだ。Fedoraチームは6月26日,Atomic HostエディションのライフサイクルをWorkstationおよびServerとは別にする意向を明らかにしている。

Upcoming Fedora Atomic Host lifecycle changes - Fedora Magazine

「Fedora Magazine」によれば,Atomic Hostエディションは現在,2週間に一度の頻度でリリースされており,これは他のエディションに比べて非常に速い開発ペースとなっている。Atomic HostのキーコンポーネントであるDockerやKubernetesも頻繁にアップデートされており,⁠古いバージョンのメンテナンスよりも,最新版のテストやインテグレーションにフォーカスしたい」という声がAtomic Working Groupから上がるようになっていた。⁠古いバージョンのOSをメンテナンスしながら使う」という発想はアプリケーションセントリックなコンテナワークロードには向いてなく,実際,Atomic Hostに関しては前リリースに対する大きなテストや修正はほとんど行われなくなっている。

こうした背景から,FedoraではFedora 26以降のライフサイクルを見直し,他のエディションとは独立したシングルバージョンの「Fedora Atomic」としてリリースされる見通しとなりそうだ。Atomicのユーザはアップデートをインストールすれば自動で最新版にシフトすることになり,デフォルトが最新版という環境になる。不具合が発生した場合は以前のバージョンにロールバックする機能も提供される予定だ。ホストOSのバージョンアップにアプリケーションがあわせるのではなく,アプリケーションの進化にホストOSが対応する流れが本格化しているのかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入