Linux Daily Topics

2017年7月21日 VirtualBox 5.1.24がリリース,Linux 4.13もサポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Oracleは7月18日(米国時間)⁠同社が開発するオープンソースの仮想化ソフトウェア「VirtualBox」の最新バージョン「VirtualBox 5.1.24」をリリースした。

VirtualBox 5.1.24 (released 2017-07-18)

VirtualBox 5.1.24の最大のアップデートは,7月15日に最初のリリース候補(rc1)が出たばかりの次期Linuxカーネル「Linux 4.13」のサポートだ。Linuxカーネル関連ではほかにも,⁠CONFIG_CPUMASK_OFFSTACK」を付けてコンパイルした場合のカーネルスタック消費量の低減,GCC 7でビルドされたカーネルモジュールの互換性向上,Linux 4.12関連のバグフィックスなどが図られている。

その他の主なアップデートは以下のとおり。

  • Debian 7.0など古いディストリビューションでも2Dビデオアクセラレーションが利用可能に
  • Fedora 25および26における3Dパススルーのサポート
  • Oracle Linux 6 with Unbreakable Enterprise Linux 4でのダイナミックリサイズを改善
  • ipconfigが正常に機能するようになり,新しめのディストリビューションではnet-toolsが不要に
  • Linux/Mac OS Xでシェアードライブラリのロード時におけるバグをフィックス

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入