Linux Daily Topics

2017年9月4日 Linux 4.13がリリース,SMB 3.0がデフォルトCIFSに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは9月3日(米国時間)⁠Linux 4.13の正式リリースを発表した。7本のリリース候補(rc)版を経ての公開で,サイズ的にはそれほど大きくなっていないものの,変更点の多いアップデートとなっている。

Linux 4.13 -Linus Torvalds

数あるアップデートのなかでもLinusが言及しているポイントが,デフォルトのCIFS(Common Internet File System:ファイル共有のための標準プロトコル)をSMB 1.0からよりモダンなSMB 3.0に変更したことだ。セキュリティ上の観点から,脆弱性の多いSMB 1.0の無効化はつねに提唱されてきたが,Linux 4.13ではデフォルトのCIFSマウント設定がSMB 3.0に変更された。

ただし,SMB 3.0がうまく動作しない環境を考慮して,オプションでSMB 1.0またはSMB2.1に変更することは可能となっている。Linusは「デフォルトの3.0がうまく動かないからといって,古き悪しき日々に戻って"vers=1.0"(SMB 1.0)を使う前に,せめて"vers=2.1"を試してくれ。なぜかって,SMB1はとにかくbad,bad,badだからだ」とSMB 1.0の使用中止を強く警告している。

なお,LinusはLinux 4.13のリリースを控えながら,その週(rc7を出したあと)に腎臓結石で7時間もの痛みに苦しんだことを告白している。現在は回復しているのもの,⁠こんなに長く感じた7時間はなかった」と振り返っており,二度とその痛みを味わいたくないと綴っている。

その他の変更点としては

  • Intel Cannonkeの最初のサポート
  • AMD Rave Bridgeのサポート
  • NOUVEAUドライバによるHDMI Stereoscopic 3Dのサポート
  • EXT4による"large directory"機能(約20億ディレクトリ)のサポート

などが挙げられる。

LinusはLinux 4.13のリリースとともにLinux 4.14のマージウィンドウもオープンしており,プルリクエストの受付を開始している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入