Linux Daily Topics

2017年9月5日 Waylandでもリモートデスクトップ! Red Hat開発者がGNOMEにAPIを追加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Xに代わるウィンドウシステムとして開発が進められているWaylandだが,GNOMEのデフォルトとして実装されるなど確実に普及は拡がりつつあるものの,Waylandでは動かないソフトウェアも多く,Xを完全にリプレースする存在となるにはまだ時間がかかりそうだ。

そんななか,Red HatのシニアソフトウェアエンジニアであるJonas AdahlがWaylandコンポジタでもあるGNOMEウィンドウマネージャ「Mutter」に以下の2つの新しいD-Bus APIを追加した。

org.gnome.Mutter.RemoteDesktop
org.gnome.Mutter.ScreenCast

これにより"GNOME on Wayland"な環境においてリモートデスクトップ機能を利用することが可能となる。

Remote desktop capabilities making a comeback in GNOME on Wayland - Ctrl blog

GNOMEはGNOME 3.22からWaylandをデフォルトのウィンドウサーバとしているが,GNOMEに含まれるリモートデスクトップサーバ「Vino」はWayland対応が遅れている。そのため,Fedora 25のようにGNOME 3.22を搭載したディストリビューションの場合,ユーザはRDPやVNCが使えるようになるまでアップストリームの登場を待つしかなかった。今回,Adahlが追加したAPIにより,ユーザは少なくともアップストリームが登場するまでの"つなぎ"の環境は手にすることができそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入