Linux Daily Topics

2017年10月19日 VirtualBox 5.2がリリース,VMからOracleクラウドへのエクスポートが可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Oracleは10月18日(米国時間)⁠同社が開発するオープンソースの仮想化ソフトウェア「VirtualBox」のメジャーアップデートとして「VirtualBox 5.2」をリリースした。Linuxのほか,Windows,macOS,Solarisをサポートする。

VirtualBox 5.2 released - virtualbox.org

VirtualBox 5.2におけるおもな新機能は以下のとおり。

  • Oracleのパブリッククラウド(OPC)へのVMエクスポート
  • VMwareの"Easy Install"に似たゲストOSの簡易インストール機能
  • Qt5をベースにしたモダンなGUIへの全面刷新
  • ビデオレコーディング用の実験的なオーディオサポートを追加

このほかにもBIOSやGUI,NATなどで多くの改善が施されている。

Oracleは10月16日にVitualBox 5.1系のメンテナンスリリースである「VirtualBox 5.1.30」を公開したばかりで,ほとんど間をおかずにメジャーアップデートを行ったことになる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入