Linux Daily Topics

2017年12月15日 AWS,「Amazon Linux 2 LTS」のRC版を発表,5年間の長期サポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

AWS(Amazon Web Services)は12月13日(米国時間)⁠AWSの仮想サーバ「Amazon EC2」上で稼働する「Amazon Linux 2」のリリース候補(RC)版の提供を開始した。ベースとなるLinuxカーネルのバージョンは4.9で,5年間の長期サポート(セキュリティアップデート,バグフィクスなど)を含む。

Amazon Linux 2 LTS Release Candidate Available
Introducing Amazon Linux 2

Amazon Linux 2はEC2上で稼働する仮想マシンイメージ(AMI: Amazon Machine Image)として提供されるほか,Amazon ECSなどのコンテナ環境で動くDockerコンテナイメージも用意される。またオンプレミスでの利用を希望するユーザを考慮し,VMware,VirtualBoix,Hyper-Vといったサードパーティの仮想環境での利用/開発も可能になっている。

カーネルはLinux 4.9をベースにAWS用にパフォーマンスチューニングなどが実施されており,起動システムにはsystemdをサポート,また開発ツールとしてgcc 7.2.1,glibc 2.25, binutils 2.27を含む。

Amazon Linux 2ではセキュリティの強化を図るため,SSHキーのペアを利用し,リモートのrootログインを無効にすることで,リモートアクセスを厳格に制限している。また,潜在的なセキュリティ脆弱性を減らすため,インストールされるパッケージの数を減らしており,ユーザは必要に応じて「Amazon Linux Extras」というAWSが提供するリポジトリからPostgreSQL,MariaDB,Python,Node.jsなどのソフトウェアパッケージを追加することになる。なお,AWSユーザであればAmazon Linux 2を利用するのに別料金は必要なく,自分のEC2インスタンス上で動かすことが可能。

現時点ではAmazon Linux 2の一般提供(GA)の時期は明らかになっていないが,RC版でのフィードバックをもとに,そう遠くない時期にリリースされると見られる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入