Linux Daily Topics

2017年12月21日 Canonical,Ubuntu 18.04 Serverでの32ビットデイリーイメージのサポートを中止へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CanonicalのソフトウェアエンジニアであるJosh Powersは12月20日(世界標準時)⁠2018年4月リリース予定の「Ubuntu 18.04 LTS(開発コード: Bionic Beaver)⁠において,サーバ版(Ubuntu Server)のi386アーキテクチャに関してはデイリーイメージを削除する方針であることを明らかにした。これによりUbuntu 18.04からはデスクトップ/サーバともに32ビット版のデイリーイメージが作られないことになる。

Fwd: i386 images

Ubuntu Server i386の提供中止については,現バージョンのUbuntu 17.10がリリースされた11月から検討が続いていたが,⁠i386アーキテクチャの削除に反対する意見はとくになかった」⁠Powers)ことから今回の決定に至ったという。Linuxディストロが32ビットを"捨てる"動きはここ1,2年で加速しつつあるが,デスクトップだけでなくサーバにおいても同様のようだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入