Linux Daily Topics

2018年1月16日 もう続けられません… Devil-Linux終了のお知らせがひっそりと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ファイアウォールやルータのオペレーションのみに特化した最小構成のOSに「Devil-Linux」というディストリビューションがある。イタリア人開発者 Heiko Zuerkerが約20年にも渡って開発とメンテナンスを行ってきた,隠れた人気を誇るディストロだが,残念なことにもうアップデートされる機会はなくなってしまったようだ。1月7日,Zuerkerは「No more new releases」と題したポストをサイトに投稿,Devil-Linuxの開発にかかわる時間が取れないこと,加えてセキュリティパッチの「GRSecurity」が2017年9月以来,公式のアップデートを公開しなくなったことを理由に,Devil-Linuxの新しいリリースをもう提供しないとアナウンスしている。GRSecurityはDevil-Linuxのコアパッケージだが,コアがアップデートされない以上,ディストロとして開発を続けていくことは難しいと判断したようだ。

Sun 07th Jan,2018 - No more new releases

No more new releases

No more new releases

Zuerkerはプロジェクト終了後もDevil-Linux関連のソースはサイトからダウンロード可能な状態にしておくとコメントしており,同時にプロジェクトの引き継ぎ希望者がいたら遠慮なく声をかけてほしいとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入