Linux Daily Topics

2018年1月18日 これからはgLinuxで ―Google,社内利用のLinuxをUbuntuからDebianベースにリプレース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

AndroidやChrome OSなど,Googleが開発するOSはLinuxがベースとなっていることはよく知られている事実である。これらのOSを開発するために,開発スタッフは日常的にLinuxを使っている必要があり,そのための開発プラットフォームとして数年に渡って使われていたのがUbuntuベースのオリジナルディストリビューション「Goobuntu」だ。だが現在,GoogleはこのGoobuntuからDebianベースの別のディストロ「gLinux」へとリプレースを図っているところだと「MuyLinux」が報じている。

De Goobuntu a gLinux: Google reemplaza a Ubuntu con Debian : MuyLinux
(MuyLinuxの記事を伝える英文のニュース)
No More Ubuntu! Debian is the New Choice For Google's In-house Linux Distribution

gLinuxはDebianの次期リリース「Debian 10 "Buster"」のテストブランチをベースに,パッケージのソースからビルドされているOSとのこと。Googleが加えた修正などは将来的にアップストリームに反映される予定もあるという。GoobuntuからgLinuxへのリプレースに関しては2017年8月の「Debconf'17」で発表されており,とくに新しいニュースというわけではないが,MuyLinuxの報道により広く知られるところとなった。

GoogleがなぜUbuntuからDebianへと開発プラットフォームのベースを変更するに至ったか,その理由は定かではない。だが,Canonicalの顧客としてUbuntuサポートを受けて開発するのではなく,Debianの開発版をベースにビルドしてアップストリームにも反映するという姿勢は,ここ1,2年,オープンソースコミュニティへの貢献を強化しているGoogleらしい選択ともいえそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入