Linux Daily Topics

2018年2月16日 もっとデータをくれないか ―Canonical,Ubuntuデスクトップユーザの情報収集へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

CanonicalでUbuntuデスクトップマネージャを務めるWill Cookeは2月14日(世界標準時)⁠Ubuntuの開発者メーリングリストに「More diagnostics data from desktop(デスクトップからもっと診断データを)⁠と題した投稿をポスト,Ubuntuデスクトップの向上を目的に,ユーザのPCからより多くの情報を収集する方針を明らかにした。具体的にはインストーラに「Send diagnostics information to help improve Ubuntu(Ubuntuの改善を支援するために診断情報を送信する)⁠という内容のチェックボックスを追加し,デフォルトでチェックマークが付けられている状態にする予定だという。

More diagnostics data from desktop | Will Cooke

Canonicalが収集を予定しているデータの種類は以下の通り。

  • Ubuntuフレーバー
  • Ubuntuバージョン
  • ネットワーク接続のON/OFF
  • CPUファミリ
  • RAM
  • ディスク容量
  • 画像解像度
  • GPUベンダおよびモデル
  • OEM製造元
  • 位置情報(インストール時にユーザが選択したロケーションにもとづく)⁠IP情報は収集しない予定
  • インストール所要時間
  • 自動ログインのON/OFF
  • 選択したディスクレイアウト
  • サードパーティ製ソフトウェアの選択状況
  • インストール中のアップデートのON/OFF
  • ライブパッチのON/OFF

これらの情報はユーザがUbuntuをインストールする際にHTTPS接続でCanonicalのISチームに送信される。送信されるのはネットワーク接続が最初に確立した一度のみで,情報はディスクに保存され,ユーザ自身がその情報をチェックすることが可能だという。

また,現在人気のあるパッケージの情報を知らせるパッケージ「Popcon(popularity-contest)⁠がインストールされるほか,クラッシュレポートを自動で送信する「Apport」の起動時にユーザの操作を中断させないようにする改善が行われる予定だ。

Cookeは今回のデータ収集の目的に関して,⁠ユーザの使い勝手を向上する開発に注力するにはインストール時の情報や,ユーザがどんなソフトウェアを利用しているかを知ることが必要」とその理由を説明しているが,データを送信したくないユーザの場合はチェックボックスをオフにすることで回避できる。もっとも個人の特定を可能にするIPアドレスについては「このサービスで収集することは決してない」と明言している。

この変更は4月にリリース予定のUbuntu 18.04から開始されるとみられているが,CookeはUbuntuユーザや開発者からのコメントやフィードバックを呼びかけている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入