Linux Daily Topics

2018年2月21日 Hello Subiquity! Ubuntu,サーバ版のインストーラを変更へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Canonicalの製品開発部門でバイスプレジデントを務めるDustin Kirklandは2月20日(米国時間)⁠4月にリリース予定の「Ubuntu 18.04 LTS(開発コード"Bionic Beaver")⁠のサーバエディションでは,デフォルトインストーラを新しいものに差し替えることを自身のブログで明らかにした。新インストーラは「Subiquity(Server Ubiquity)⁠と呼ばれており,2017年4月から開発が進められてきたが,晴れて1年越しでのお披露目となる。

RFC: The New Ubuntu 18.04 LTS Server Installer : From the Canyon Edge

Subiquityは,これまでのDebianベースのインストーラに比べて,洗練された見やすい表示となっている。KirklandはUbuntuユーザにSubiquityへのフィードバックを呼びかけておりBionic Beaverリリースまでの残り2ヵ月でさらに洗練させていく意向を示している。

Kirkland氏のブログで紹介されているSubiquityのスクリーンショット(一部)

日本語も選択可能

ネットワークの設定

ディスクのパーティショニングメニューもシンプル

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入