Linux Daily Topics

2018年2月22日 Intel,Retpolineを含むSpectre対応マイクロコードをアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Intelのデータセンターグループ部門でエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャを務めるNavin Sheonyは2月20日(米国時間)⁠Intelプロセッサをターゲットにした脆弱性「Spectre」に対応した新たなマイクロコードを発表した。対象となるのはIntel Core Xシリーズプロセッサファミリの「Skylake(第6世代)⁠Kaby Lake(第7世代)⁠Coffee Lake(第8世代)⁠およびデータセンター向けの製品「Intel XeonScalable」⁠Intel Xeon Dシリーズ」となっている。

Latest Intel Security News: Updated Firmware Available for 6th, 7th and 8th Generation Intel Core Processors, Intel Xeon Scalable Processors and More

新しいマイクロコードにはGoogleのセキュリティチーム「Zero」がVariant 2の回避策として開発したRetpolineが含まれており,懸念されていたマイクロコード適用によるパフォーマンスの低下も最小限に押さえられているとみられる。マイクロコードの適用は,各OEMベンダがファームウェアをアップデートし,それぞれの顧客に提供することで実行される。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入