Linux Daily Topics

2018年2月27日 Canonical,Ubuntu Touchの開発を続けるUBportsにUbuntu Phoneをプレゼント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

マーク・シャトルワースが2017年4月にUnity 8の開発を中止を発表してから約1年近くが経過し,Unity 8が話題になることもめっきり減ってしまったが,関連プロジェクトのすべてが消滅したわけではない。Unity 8インタフェースを実装したモバイルデバイス「Ubuntu Touch」の開発を続けるコミュニティUBportsもそのひとつだ。

モバイルOSの開発には検証用のデバイスの確保が欠かせないが,コミュニティベースでそれを維持することは難しい。UBportsも同様で,プロジェクトの費用は基本的に寄付で賄われているが,すでに開発が終了しているUbuntu Touchが動くデバイスを確保することはかなりハードルが高い。そんなUBportsにCanonicalからうれしいギフトが届いた。2月20日,UBportsはCanonicalから中古のUbuntu Phoneの寄贈を受けたことをTwitterで明らかにしている。

CanonialがUBportsに贈ったレガシーデバイスは合計で38台,BQ Aquaris E4.5,BQ Aquaris E5 HD,Meizu MX4,Nexus 4などが含まれているという。新しいデバイスだけでなく,旧式のデバイスのサポートも望んでいたUBportsにとってまさに最高のプレゼントだといえそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入