Linux Daily Topics

2018年3月1日 Oracle,Linux 4.15をサポートした「VirtualBox 5.2.8」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Oracleは2月27日(米国時間)⁠オープンソースのクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア「Virtual Box」の最新アップデートである「VirtualBox 5.2.8」をリリースした。対応プラットフォームはLinux,macOS,Windowsで,いずれもすでにダウンロード可能となっている。

Changelog for VirtualBox 5.2
VirtualBox 5.2.8 | The ORACLE-BASE Blog

VirtualBox 5.2.8ではゲストOSにLinuxの最新カーネルであるLinux 4.15をサポートし,あわせて多くの関連モジュールもLinux 4.15に対応させている。LinuxをゲストOSにした場合,3Dをイネーブルにするとブラックスクリーンに陥るバグが報告されていたが,これも修正済みだ。

Windows関連のアップデートでは,ゲストOSのWindows上で特定のアプリケーションを動作中に共有フォルダを使用するとエラー(Incorrect Function)が発生するバグが修正されている。また,セキュリティ強化の一環として,使用中のアプリケーションやコンポーネントを更新する際,HTTPSによるダウンロードに自動で切り換えられる。

加えて, FSGSBASE,PCID,INVPCIDといったCPU命令セットをゲスト用に新たにサポート,対応ハードウェアを拡大しているほか,サウンド,ストレージ,ネットワークなどでもいくつかのアップデートが実施されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入