Linux Daily Topics

2018年3月7日 ついにDebian on Windowsが登場! Microsoft,Windows StoreでDebianを提供へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Microsoftは3月6日(米国時間)⁠Linux開発者などを対象にした同社ブログWindows Command Line Tools For Developersにおいて,Windows Store上で提供するLinuxディストリビューションのひとつとしてDebianを追加したことを発表した。すでにUbuntu,Kali Linux,openSUSEなどがWSL(Windows Subsystem for Linux)で利用できるが,これにDebianが加わったことでWindows上でLinuxを利用するユーザはさらに増えそうだ。

Debian GNU/Linux for WSL now available in the Windows Store -Windows Command Line Tools For Developers

Windows 10のWSLを利用してDebianを動かすには,Windows 10マシンからWindows Storeに接続し,Debianをダウンロード/インストールし,PowerShell上のコマンドラインからWSLを有効にする必要がある。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

これだけの操作でDebianが提供する5万1,000のパッケージがWindowsマシン上で利用可能になる。

MicrosoftのプロダクトマネージャであるTara Rajは「Windows StoreからDebian GNU/Linuxがダウンロード/インストールできるようになった,これを発表できることに我々はとてもエキサイトしている」とコメント,また今回のWindows StoreでのDebian提供に協力したDebianチームに対して「最上級の感謝を贈りたい」と謝意を表明,現在「Microsoft ♡ Debian」ステッカーを作成中だという。

Windows上でDebianがネイティブに動く―10年前なら「何を言っているかわからない」レベルの出来事だが,2018年の現在ではそれほど驚くニュースではないのかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入