Linux Daily Topics

2018年3月14日 Ubuntu,圧縮アルゴリズムzstdをサポートへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

UbuntuのコアデベロッパでDebianデベロッパでもあるJulian Andres Klodeは3月12日(世界共通時間)⁠4月26日リリース予定の「Ubuntu 18.04 LTS(開発コード:Bionic Beaver)⁠から,Facebookが開発した圧縮アルゴリズム「zstd(Zstandard)⁠をdpkgおよびaptパッケージの圧縮に実装することを開発者向けメーリングリストで明らかにした。

zstd compression for packages - Julian Andres Klode

Klodeによれば,zstdは圧縮/解凍スピードが非常に速く処理することが可能になるという。圧縮率レベル19で開発中のUbuntu 18.04(amd64)でzstdを走らせたところ,パッケージの容量は約6%増えた(約5.6GB→約5.9GB)ものの,インストール時のスピードは10%アップ,さらに「eatmydataパッケージを含むなら最大で40%,ユーザタイムは一般的に見て60%は向上する」⁠Klode)と大きな効果が出ているとしている。

Ubuntu開発チームとCanonicalは,早ければ秋にリリースされる「Ubuntu 18.10」においてzstdをデフォルトの圧縮アルゴリズムとして採用する予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。