Linux Daily Topics

2018年4月4日 Linux 4.16がリリース ―Jailhouseハイパーバイザのサポート,usercopyホワイトリストなど

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは4月1日(米国時間)⁠⁠Linux 4.16」の正式リリースを発表した。開発期間は約2ヵ月,7本のリリース候補(RC)版を経ての公開となる。Meltdown/Spectre騒動の渦中にあった前バージョンのLinux 4.15とは異なり,比較的穏やかなリリースとなったが,仮想化関連やセキュリティ,パフォーマンスで数多くのアップデートが実施されている。

Linux 4.16 :Linus Torvalds

Linux 4.16の主なアップデートは以下の通り。

  • LinuxベースのパーティショニングハイパーバイザJailhouseのサポート
  • ハードウェアオフロード機能をネットワークスタックでシミュレーションするためのドライバ「netdevsim」
  • ARM64アーキテクチャにおけるMeltdown/Spectre対策の強化
  • PowerPCアーキテクチャにおけるメモリプロテクションキーのサポート
  • Overlayファイルシステム(overlayfs)におけるNFSエクスポート(nfs_export)のサポート
  • Oracle VirtualBoxのVMゲストドライバの統合
  • KVMでの AMD Secure Encrypted Virtualizationのサポート
  • メモリからユーザスペースにコピーする,またはユーザスペースからメモリにコピーするデータを制限する「usercopy whitelisting」パッチセットのメインラインへの統合
  • 新メディアのサポート(NXP TDA18250シリコンチューナー「NXP TDA18250」/ビデオデコーダーエンジン「NVIDIA Tegra」/レシーバ「Intel IPU3 CIO2 CSI-2」/センサー「OmniVision OV7740」⁠

LinusはすでにLinux 4.17のマージウィンドウをオープン,プルリクエストの受付を開始している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入